読書百遍

これまでの「読んだ本の内容を覚えていない」という、悲しい読書からの脱却を目指し、「熟読」「再読」「アウトプット」の読書を目指しています。 

梶井基次郎

「桜の樹の下には」梶井基次郎 桜と批判的思考

「桜の樹の下には」梶井基次郎 「桜の樹の下には」 このタイトルからどのような物語を想像するでしょうか。 日本の春を彩る桜の豪華絢爛な美しさ。 また、はかなく散行く様は一層その美しさを引き立てます。 そんな「桜の樹の下」で展開される物語でしょうか…