読書百遍

これまでの「読んだ本の内容を覚えていない」という、悲しい読書からの脱却を目指し、「熟読」「再読」「アウトプット」の読書を目指しています。 

井上章一

井上章一「京都ぎらい」 京都のいやらしさとは

「京都ぎらい」(朝日新書)井上章一 京都市在住の私が、書店に行くとまず目につくのが、京都に関する書籍の多さです。いわゆる「京都本コーナー」は日を追うごとに拡充されています。そのほとんどが京都礼賛本であり、「京都をもっと知りたい!」「京都大好…